独立行政法人国立病院機構 北海道医療センター附属看護学校

〒063-0004 札幌市西区山の手4条6丁目2番22号

Tel.011-611-8170 Fax.011-611-8369

  • トップ
  • サイトマップ

トップページ講師紹介 > Vol.3

豊かな心を育み、なりたい自分を目指しませんか?

 おしゃれな外観の校舎と校内の学習設備が整っていることが自慢の学校です。母体病院としては、学校向かいに救命救急を中心とした急性期から神経筋疾患などの慢性期医療を行っている北海道医療センターがあります。そして、都道府県がん診療連携拠点病院である北海道がんセンターと、卒業生も多く就職している国立病院機構の両病院で、多くの学習ができるところは魅力です。また、臨床で様々な経験をもつ教員が、病院と連帯をとりながら学生の教育にあたっており、学内・実習ともに恵まれた環境で看護を学ぶことができます。

 看護師は"その人がその人らしい生き方をしていくため"に、専門的な知識と技術をもって支援していく仕事です。様々な人との関わりの中で、多くの喜び、苦しみをわかちあいながら、患者さんとともに自分も成長していけるすてきな仕事だと思っています。また、国家資格を取得した専門職であり、性別や年齢に関係なく長く続けて働くことができます。チーム医療が推進される中、看護師は、患者さんの代弁者として、他職種と患者さんとの隙間を埋める重要な役割を担っています。

 同じ目標を持った仲間との充実した3年間は、一生の宝となるはずです。この札幌看護学校で、豊かな心を育み、なりたい自分を目指しませんか?学校教員、病院職員、学生一同、皆様をお待ちしております。