独立行政法人国立病院機構 北海道医療センター附属看護学校

〒063-0004 札幌市西区山の手4条6丁目2番22号

Tel.011-611-8170 Fax.011-611-8369

  • トップ
  • サイトマップ

トップページ > 本校の目指すところ

●教育理念

 看護は生命の尊厳と人間の尊重を基盤としており、看護を必要とする人々と看護者との関係の上に成り立っている。また、看護とは、あらゆる健康レベルに対応し、その人らしく生きられるよう生活過程を整え、健康問題を解決することである。
 この考えに基づき、科学的思考に基づいた看護実践力と保健・医療・福祉全般にわたる広い視野を持ち、社会の変化に対応し、セーフティネット系の医療を担う看護実践者を育成することが本校の目指すところである。
 さらに豊かな人間性と探求心を持って自己啓発していく能力や責任感、倫理観が確立するよう支援する。

●本校の目指すところ

 「看護」とは、様々な健康の状態にある人に対して、心を傾ける、苦痛を和らげる、心と体を癒す、そして支える、寄り添う、導く、前へ進む勇気を与えることなど、専門的な技術を用いながら、その人がその人らしく生きていけるように生活を整えることです。
 そして、看護を必要とする人々(様々な健康の状態にある人々)と看護者との関係は全ての生命の尊厳と、人間一人ひとりを尊重することを基盤に成り立っています。
 本校は、専門的な技術や科学的思考に基づいた看護実践能力と、保健・医療・福祉全般にわたる広い視野を持った看護実践者の育成を目指しています。豊かな人間性を持ったProfessionalな看護者になるためには責任感や倫理観、さらに探究心を持ち自己啓発していく能力が必要です。また、看護を必要とするその人の生活を整えるには社会的基盤である生活能力が備わっていなくてはなりません。
 本校ではProfessionalな看護者になるという目標達成に向けて、3年間やり遂げることのできる人を育成することを目指しています。

●教育目的・目標

 教育目的
 看護師として必要な知識及び技術を教授し、独立行政法人国立病院機構及び社会に貢献し得る有能な人材を育成することを目的とする。

 教育目標
1.人間を身体的・精神的・社会的に統一された存在として理解し、尊重する姿勢を身につける。
2.対象の健康状態に応じた看護を科学的に実践する能力を身につける。
3.人間の多様な価値観を理解し、思いやりのある心豊かな人間性を養う。
4.専門職として自己啓発していく能力を養い、生涯にわたり看護を探求する姿勢を身につける。
5.社会人としての一般教養を身につけ、対人関係を発展させる能力を養う。
6.保健・医療・福祉を総合的に理解し、看護者としての役割を認識すると共にそれを果たす基礎的能力を身につける。

●期待する卒業生像

 当校が期待する卒業生像
1.看護は生命の尊厳と人間尊重を基盤として成り立つことを理解し、看護観を形成する。
2.対象の健康や場に応じて、科学的根拠に基づいた問題解決方法がわかる。
3.豊かな感性を持ち、人間を幅広く理解できる。
4.自己を理解し、他者を尊重した上で人間関係を深めることができる。
5.常に探求心を持って看護を追求する姿勢がある。
6.社会の動きに関心を持ち、自ら継続的に学習できる。
7.物事を主体的に考え、自立して行動できる。
8.自己の感情をコントロールし、他者を理解するための洞察力を養うことによって人間関係を形成することができる。
9.保健医療の場に生じる保健・医療・福祉に関する問題の対処方法を学び、必要に応じ調整的な役割を担う能力を身につけている。