独立行政法人国立病院機構 北海道医療センター附属看護学校

〒063-0004 札幌市西区山の手4条6丁目2番22号

Tel.011-611-8170 Fax.011-611-8369

  • トップ
  • サイトマップ

トップページ講師紹介 > Vol.1

仲間とともに充実した3年間を過ごし、生涯の大切な友人を見つけてください。

全国に143ある独立行政法人国立病院機構病院のひとつである、北海道医療センターを母体とする3年課程、1学年80名の看護学校です。施設・設備が充実していることは、自慢できます。しかし、最も誇れることは、実力のある経験年数5年目以上の教員が半数以上を占めており、教育内容、教育方法ともに充実していることです。
実習施設も、救命救急を中心とした急性期医療から神経筋疾患などの慢性期医療を行っている北海道医療センターやがん治療の専門病院である北海道がんセンターをメインに充実した実習環境を整えています。

看護師は、国家資格であり、一生続けられる仕事、全国どこでも働くことができる職業です。しかも、就職率は100%です。
人間の健康の側面に関わることから、専門職業人としての知識・技術・態度を身につける必要があります。厳しさを求められる部分は当然あります。しかし、相手に一生懸命関わり、その人の目標が達成されたときの喜びは、次のエネルギーとなり、『やりがい』となります。患者さんや家族の一番そばにいて、苦しいとき、辛いときをともにいて支え、喜びを共有できる『やりがい』のある職業だと思います。

入学試験は、1月に行います。ホームページにてお知らせします。入学試験の過去問については、ホームページからアクセスできます。 当校は、入学生歓迎会やスポーツ大会、学校祭(SNS祭)などのイベントがあり、全学年の交流の場となっていて大いに盛り上がります。
あなたも札幌看護学校で学び、仲間とともに充実した3年間を過ごし、生涯の大切な友人を見つけてください。
当校の学生、学校職員、実習施設である母体病院の職員一同皆様をお待ちしています。