独立行政法人国立病院機構 北海道医療センター附属看護学校

〒063-0004 札幌市西区山の手4条6丁目2番22号

Tel.011-611-8170 Fax.011-611-8369

  • トップ
  • サイトマップ

トップページ > カリキュラム

教育理念

看護は生命の尊厳と人間の尊重を基盤としており、看護を必要とする人々と看護者との関係の上に成り立っている。また、看護とは、あらゆる健康レベルに対応し、その人らしく生きられるよう生活過程を整え、健康問題を解決することである。

この考えに基づき、科学的思考に基づいた看護実践力と保健・医療・福祉全般にわたる広い視野を持ち、社会の変化に対応し、国の政策医療を担う看護実践者を育成することが本校の目指すところである。

さらに豊かな人間性と探求心を持って自己啓発していく能力や責任感、倫理観が確立するよう支援する。

教育目的

看護師として必要な知識及び技術を教授し、独立行政法人国立病院機構及び社会に貢献し得る有能な人材を育成することを目的とする。
課程:3年課程
定員:80名(男女共学)

教育目標

  • 1.人間を身体的・精神的・社会的に統一された存在として理解し、尊重する姿勢を身につける。
  • 2.対象の健康状態に応じた看護を科学的に実践する能力を身につける。
  • 3.人間の多様な価値観を理解し、思いやりのある心豊かな人間性を養う。
  • 4.専門職として自己啓発していく能力を養い、生涯にわたり看護を探求する姿勢を身につける。
  • 5.社会人としての一般教養を身につけ、対人関係を発展させる能力を養う。
  • 6.保健・医療・福祉を総合的に理解し、看護者としての役割を認識すると共にそれを果たす基礎的能力を身につける。

カリキュラム

カリキュラム